ビジネスに適したバックアップ戦略

データの損失

は、

顧客、従業員、サプライヤーに関係なく、ビジネスプロセスに永続的かつ重大な損害をもたらします

そのため、早い段階で自社に適したデータバックアップのコンセプトと最適なバックアップ戦略を定義し、それを定期的に実行することが重要です。ITの責任者として、特にマネージングディレクターとして、ストレージ管理はあなたの手に委ねられています。以下では、適切なバックアップコンセプトを策定するために必要なことをすべてお伝えするだけでなく、適切なデータバックアップコンセプトのサンプルをご紹介します(データバックアップコンセプトのサンプルはPDFファイルで、下記リンク先でお渡しします)。

適切なバックアップ戦略への道

会社に新しいバックアップ戦略を導入する場合、まずいくつかの質問に答える必要があります。どのデータをどのくらいの期間保存するのか、また時間の経過によるデータの損失はどの程度まで許容できるのかを明確にする必要があり

ます。そこでまず、棚卸しをして、関連性に応じて在庫を整理します。さらに、最悪の経済的・法的影響がどのようなものか、データのバックアップにはどのストレージメディアが最も適しているかを明確にする必要があります。その判断は、何よりも使用されるデータやバックアップされるデータのセキュリティ分類によります。

適切なストレージ技術を選択する際には、情報をどのくらいの期間保存するか、視覚的な読みやすさの重要性やデータを別の方法で再現するかどうか、データ媒体の輸送性や必要なスペースを考慮する必要があります。また、メディアが外部からの影響にどれだけ敏感であるか、どのようなストレージロジックに従っているかを明確にする必要があります。ファイルシステムベースなのか、データベースベースなのか、どのくらいの頻度でデータを記録できるのか、どのくらいの記憶容量なのか。もちろん、データメディアの価格も決め手になります。

紛失した場合に発生する可能性のあるコストは、バックアップのコンセプトやストレージメディアの保管に発生するコストと比較して検討する必要があります。この目的のために、適切で安全な場所を選択・決定する必要があります。

事前に費用対効果の計算をしておくことが望ましいです。

ここでは、次のような経験則に従ってください。価値の高いデータや情報は、特に安全性が高く、通常はより高価なストレージメディアにバックアップする必要がありますが、重要性の低いデータは、平均的に安全性が高く、より安価なメディアに保存することができます。さらに、データの使用頻度に応じて、いつまたはどのくらいの頻度で当該データを入手できなければならないか、また、最大でどのくらいの期間、情報へのアクセスを拒否できるかを決定する必要があります。

データのバックアップ戦略は、バックアップの種類についても明確に規定されていなければなりませ

ん。データのバックアップは、フルバックアップとして行うのか、増分的に行うのか、差分的に行うのか。その際、バックアップメディアの機能性やデータの整合性・一貫性をどのくらいの頻度でチェックすべきでしょうか?決定されたプロセスを実行するために、責任者または複数の責任者である従業員を慎重に選び、任命しなければなりません。また、バックアップ戦略が法的規制に準拠していなければならないため、適用される法的規制を常に意識することも彼らの仕事です。

バックアップ戦略がない場合の

危険性

企業のデータには様々な危険が潜んでいます。システムクラッシュ、サボタージュ、ハッカー攻撃、ウイルスやワームの攻撃などがあった場合、コンピュータに保存されているすべてのデータが失われる可能性があります。落雷、火災、洪水などの環境破壊により、情報が大きく失われることがあります。このような損失によって行動できなくなることを防ぐためには、保護すべきデータを定期的にバックアップし、元の情報とは別に保存して、これらの影響から可能な限り保護することが絶対に必要

です。脅威分析を行うことで、どのデータが特に危険なのか、どのような被害が発生する可能性が高いのかを事前に明確にすることができます。このようにして、暗号化プログラムやファイアウォールの設置などにより、データの安全性を事前に高めることができます。

ストレージの管理と自社に適したバックアップ戦略の定義は、企業の成功を左右する決定的な基準となっています。大

規模なデータ損失により、一時的にでも業務の停止や制限を余儀なくされた企業は、そのような損失がもたらす金銭的な損失はもちろんのこと、顧客やサプライヤー、従業員からの信頼を失い、競争力も失ってしまう可能性があります。

バックアップ戦略をバックアップコンセプトで

文書化する

これらの質問に答え、自社の現状を把握し、代替案を比較検討し、コストとベネフィットを比較検討した上で、策定した戦略をバックアップコンセプトに記録することが重要です。

合意した最大のダウンタイム、費やすことのできる財源、どのくらいの間隔でデータを変更するかによって、フルバックアップ、差分バックアップ、増分バックアップのいずれかの方法を決定します。

フルバックアップでは、システム全体、つまり、すべてのデータ、現在のソフトウェアのバージョン、および現在の状態のオペレーティングシステムが常にバックアップされますが、差分法や増分法では、その間の変更のみが記録されます。差分バックアップの場合は、前回のフルバックアップに関連して変更が保存され、前回のフルバックアップ以降に行われたすべてのメモリの状態も引き継がれます。増分バックアップの場合、各メモリの状態は次のフルバックアップまで個別に保存されます。

バックアップコンセプト:テンプレートと例

組織上の理由から、バックアップのコンセプトは、ガイドラインとしてだけでなく、情報資料としても使用できるように、文書化して明確に示しておく必要があります。データバックアップ計画のために、しっかりと構成されたバックアップコンセプトのテンプレート(ダウンロードはこちら)があれば、大きな助けになります。既存のコンセプトを参考にしたい場合や、適切なデータバックアップのコンセプト例を探している場合は、BSIなどが発行しているサンプルコンセプトを利用することができます。

ラングマイヤー・バックアップ:すべての企業のためのソリューション

あなたの会社に適したバックアップソリューションを探しているなら、ラングマイヤー・ソフトウェアは、あなたのニーズに合わせた様々なバックアップソリューションを提供します

。安全な外付けハードディスクに素早く簡単にデータをバックアップし、ラングマイヤーが提供するソフトウェアを使用して、RAIDデータのバックアップ、ITバックアップコピーの作成、マイクロソフトのバックアップを行うことができます。長期的な成功を確実にするために、ラングマイヤーは常に小企業、中企業、そして大企業にも適切なバックアップソリューションを見つけます。
自動でデータをバックアップ

すべてのファイルを保護します。

  今すぐ購入   無料でテスト ラングマイヤー・バックアップ・フォー・ウィンドウズ

著者について , フリーランサー
Charles Rahm チャールズ・ラームはラングマイヤー・ソフトウェア社のフリーランスで、特に検索エンジン最適化(SEO)を担当しています。チャールズは旅行が大好きです。バンコク在住で、旅行ブログ「Sorglos Reisen」などを運営している。 CarefreeTravel.com
 

トピックに関連する記事
differential backup:賢い選択肢
インクリメンタル・バックアップ:頻繁な調整にも安心して使える
遠隔地でのデータ損失を防ぐためのヒントをご紹介します。


コメントはこちらから...