顧問:VBScriptでLangmeier Backupを拡張する

Langmeier Backupでは、データバックアップのための高度なコンセプトを実装するためのスクリプトを作成することができます。経験豊富な管理者は、データバックアップの分野で非常に特殊な要件をバックアップの実行に導入することができます。

  • 独自のユーザー通知(SMS、画面上、メールなど
  • サーバーから現在のバックアップジョブをダウンロード
  • ユーザープロンプト(例:"Please insert another backup medium")。
  • 開いているプログラムを読み上げて閉じる
  • ターゲットメディアの再編成(例:フォルダ名の変更
  • WebのURLを呼び出してサーバー機能を実行する

スクリプトエディターは、メニューの「ツール」→「スクリプトの編集」にあります。

Dies ist ein Tutorial, wie Sie in Langmeier Backup Business und Langmeier Backup Server eigene VBScripts erstellen, um nach Ihren Vorstellungen in den Datensicherungsvorgang einzugreifen.

スクリプト選択ボックスをクリックし、そこにある空のエントリを選択して新しいスクリプトを作成します。名前を付けて保存」をクリックすると...をクリックすると、このスクリプトを保存することができます。

スクリプトでは、すべてのVBScriptコマンドを使用できます。さらに、Langmeier Backup用に特別に実装された以下のスクリプトコマンドを使って、Langmeier Backupを自動化することができます。


コマンドインデックス

完全なコマンドインデックスは、Langmeier Backupのオンラインヘルプに記載されており、プログラム内で呼び出すことができます。ご要望の多い機能を抜粋してご紹介します。

進捗状況(可変

Progress変数に1~100の値を割り当て、バックアップウィンドウのプログレスバーの値を設定します。

Progress= 0'Progress bar at 0 - まだ何もバックアップされていない
Progress = 50'Progress bar at 50 - 半分バックアップされている
Progress = 100 'Progress barat 100 - バックアップ完了

メッセージ(方法

Langmeier Backupのメッセージウィンドウにユーザーへのテキストを出力します。このテキストは、バックアップログにも保存されます。

パラメータ

パラメータ 説明
テキスト ユーザーへのメッセージのテキストです。
[メッセージタイプ]の このメッセージのタイプです。

可能な値:

1 = 情報
2 = 警告
3 = 停止

イタリック体=任意のパラメータ

例1:

メッセージ "スクリプト完了"

例2:

メッセージ "バックアップでディスクを書き込んでください" & " ウィークデイネーム(ウィークデイ(現在))& "'.", 1

バックアップ(方法

バックアップ "機能を使って、フォルダやファイルをバックアップすることができます。

パラメータ

パラメータ 説明
ソース 目的のバックアップのソースパス
目的地 バックアップの目的地のパス
[サブフォルダ] True = サブフォルダーも含めてバックアップ(デフォルト

False = サブフォルダなしでバックアップ

[暗号化された] True = 暗号化されたバックアップ

False = 暗号化されていないバックアップ(デフォルト

[圧縮] True = ZIP圧縮されたバックアップファイル

False = バックアップファイルを非圧縮にする(デフォルト

[歴史]を参照してください。 True = 歴史的なバックアップ

False = ノーマルモード(デフォルト

[CreateFullPath]を使用しています。 True = 完全なバックアップパスを作成する(例:C$\Folder\)。

False = ノーマルモード(デフォルト

イタリック体=任意のパラメータ

例1:送信元と送信先を指定した通常のバックアップ。

'Normal Backup:
Backup "C:Source ", "D:Destination"

例2:送信元と送信先を指定し、さらにデータを暗号化するように設定した暗号化バックアップ。

暗号化されたバックアップ:
Backup "C:Source ", "D:Destination", , , True

例3:完全なパスで暗号化されたバックアップ。ここでは、例2と同様に、暗号化されたバックアップが行われ、さらに、完全なパスがバックアップされます。

「完全なパスで暗号化されたバックアップ。
Backup "C:Source ", "D:Destination", , , True, , , True

休憩(方法

バックアップを解除しますが、現在のスクリプトは解除しません。

パラメータ

パラメータ 説明
パラメーターなし Breakメソッドでは、追加のパラメータは必要ありません。

GetMediaName(関数

挿入されたメディアの名前を返します。

パラメータ。

パラメータ 説明
アクセプター a) テープアクセス文字(例:\.tape0
) b) ドライブ識別子(例:C:\.

IfGetMediaName("˶ˆ꒳ˆ˵") <> "Monday"Then
Message "Please insert tape `Monday`!", 3 '3 = Stop symbol
EjectMedia
Break
End If

SendSMS (Text as String, Number As String) (関数)

多くのお客様にご利用いただいているのが、「SendSMS」というオプションです。このオプションは、バックアップの終了時にお客様の携帯電話にSMSを送信します。受信者がスイス以外の国にいる場合は、国際電話コードを指定する必要があります。

ファイアウォール:特定の状況下では、Windowsファイアウォールのエントリが不足しているためにショートメッセージの送信ができないことがあります。この場合、エラーメッセージが表示され、スクリプトを正常に実行することができません。 ファイアウォールでラングマイヤー・バックアップ・プログラムを有効にして、送信ネットワーク・トラフィックを有効にしてください。

パラメータ。

パラメータ 説明
テキスト SMSで受信者に送信するテキストメッセージです。
番号 受信者の携帯電話番号です。

'Sends a text message to backup administrator:
SendSMS
"Backup completed .", "004179512xxxx"

'Sends a text message to backup administrator -
'メッセージには、「Destination」で指定された値のほか、
'発生したエラーの数、
'正常にバックアップされたファイルの数が含まれています。

SendSMS Term("Backup to is complete.Error: Backed up: ", Destination, Errors, Counter), "0049xxxxxxxx".

カウンター(可変

何個のファイルをバックアップしたかを示す。この値は、バックアップ処理後のユーザーへのフィードバックに表示されます。また、この値はバックアップログにも表示されます。

'SAPからコマンドラインスクリプト「databackup.cmd」を起動して、
'データベースのバックアップを行います。バックアップジョブで設定されたバックアップターゲット」がバックアップターゲットとして使用されます。
バックアップジョブに設定されている'が使用されます(宛先)。
'コマンドラインスクリプトは、バックアップされた
'ファイルの数を返します。

CountOfFiles = Shell("%appdata%\SAP\databackup.cmd /dest=" & Destination, 0)

'バックアップされたファイルのカウンターが、スクリプトから返された
'数だけ増えました。
Counter = Counter + lCountOfFiles

目的地(可変

スクリプトのバックアップ要素に設定されている保存先のフォルダを返す、または上書きします。

注:Destination変数を使用すると、バックアップジョブで定義できる保存先に特定のものをバックアップするスクリプトを作成することができます。具体的にどのようにバックアップされているのか、それは何なのか、それをスクリプトにプログラムするのです。

'インストールフォルダー「SAP R3」をスクリプトで設定したバックアップフォルダーにバックアップする。
Backup "C:\SAP-R3", Destination

ソース(変数

スクリプトのバックアップ要素にプリセットされているソースを返すか、またはこのソースを上書きします。スクリプト名(例:@SendSMS)がソースの下にある場合は、スクリプト名が返されます。

注:変数「Destination」を使用すると、バックアップジョブで定義できる保存先に特定のものをバックアップするスクリプトを作成することができます。目的地がどのように保存されているのか、それが何なのかは、脚本にプログラムされています。反対側の変数「Source」では、スクリプトで取得するソースの場所をLangmeierバックアップユーザーに決定させるオプションがあります。

ソース= "C:tooth"

スクリプトの保存

スクリプトを作成したら、それを保存します。スクリプトエディターの下には、「保存」と「名前を付けて保存」のオプションがあります。

Dies ist ein Tutorial, wie Sie in Langmeier Backup Business und Langmeier Backup Server eigene VBScripts erstellen, um nach Ihren Vorstellungen in den Datensicherungsvorgang einzugreifen.

名前を付けて保存"をクリックして、スクリプトに名前を付けます。

Dies ist ein Tutorial, wie Sie in Langmeier Backup Business und Langmeier Backup Server eigene VBScripts erstellen, um nach Ihren Vorstellungen in den Datensicherungsvorgang einzugreifen.

スクリプトは以下のフォルダに保存されます。

C:ProgramData\Langmeier Software\Scripts

古いOS(Windows XP、Windows Server 2003)の場合。

C:Documents and Settings All Users\\Application Data\Langmeier SoftwareScripts

バックアップジョブへのスクリプトの追加

保存したすべてのスクリプトは、Langmeier Backupメインウィンドウの「バックアップ-「追加」でバックアップジョブに追加できます。

Dies ist ein Tutorial, wie Sie in Langmeier Backup Business und Langmeier Backup Server eigene VBScripts erstellen, um nach Ihren Vorstellungen in den Datensicherungsvorgang einzugreifen.

Dies ist ein Tutorial, wie Sie in Langmeier Backup Business und Langmeier Backup Server eigene VBScripts erstellen, um nach Ihren Vorstellungen in den Datensicherungsvorgang einzugreifen.

スクリプトを選択すると、バックアップジョブにスクリプト名が"@"付きで表示されます(この例では"@SMS")。スクリプトは、「バックアップ」-「開始」をクリックするとすぐにバックアップ実行で実行されます。

Dies ist ein Tutorial, wie Sie in Langmeier Backup Business und Langmeier Backup Server eigene VBScripts erstellen, um nach Ihren Vorstellungen in den Datensicherungsvorgang einzugreifen.

挿入されたスクリプト(ここでは「@SMS」)をダブルクリックすると、送信先のパスを定義することができます(このパスは、「送信先」を使ってスクリプト内で呼び出すことができます)。

Zielpfad angeben, welches das Skript verwenden soll. Dies ist ein Tutorial, wie Sie in Langmeier Backup Business und Langmeier Backup Server eigene VBScripts erstellen, um nach Ihren Vorstellungen in den Datensicherungsvorgang einzugreifen.

シーケンス:バックアップジョブのシーケンスに注意してください。バックアップの最後にスクリプトを実行する場合は、スクリプトも最後に挿入する必要があります。Langmeier Backupは、バックアップジョブに含まれるスクリプトの順に処理します。スクリプトが、最初または特定のフォルダパスの後に呼び出されるべき関数である場合、スクリプトはそれに応じて正しい行に挿入されなければなりません。

代替となるスクリプティング・オプション

また、別の方法で自作のVBScriptをジョブに追加することもできます。オプション」 から「このジョブの設定」に入ります。バックアップの前」に実行されるオプションと「バックアップの後」に実行されるオプションがあります。VBScriptを任意の場所に追加します。なお、この方法では、SendSMSBackupなど、上記のLangmeier Backupの独自機能は利用できません。しかし、この方法では、任意のバッチスクリプトや任意のコンパイルされたexeファイルを呼び出すことができます。

Dies ist ein Tutorial, wie Sie in Langmeier Backup Business und Langmeier Backup Server eigene VBScripts erstellen, um nach Ihren Vorstellungen in den Datensicherungsvorgang einzugreifen.

この記事に掲載されている情報は、以下の製品でご覧いただけます。

  1. ラングマイヤーバックアップ事業
  2. ラングマイヤー・バックアップ・サーバー
  3. ラングマイヤーバックアップVフレックス

自動でデータをバックアップ

すべてのファイルを保護します。

  今すぐ購入   無料でテスト ラングマイヤー・バックアップ・フォー・ウィンドウズ

著者について , ラングマイヤー・ソフトウェア社の創業者兼CEO
Urs Langmeier Urs Langmeierは、Langmeier Software GmbHの創設者兼CEOであり、Langmeier Softwareソリューションの戦略的開発を担当しています。
 

さらに上を見る。 ラングマイヤー・バックアップ, VB-Script, バックアップ

トピックに関連する記事
ラングマイヤー・バックアップVer.10が登場
fat32かntfsか?バックアップにはどのフォーマットが適していますか?
専門家のアドバイスバックアップとは何ですか?優れたデータバックアップ


コメントはこちらから...

この記事では、トピックを取り上げています。
VBScriptによるバックアップソフト
ラングマイヤー・バックアップ・スクリプト
ラングマイヤーバックアップVBS
VBSデータのバックアップ
あなたは興味がありますか?
バックアップとは
ラングマイヤー・ソフトウェア
画像バックアップ
バックアップソフト