どのような仕組みになっているのか。Windowsサービスとして完全自動でバックアップ

通常、Windowsのバックアップソフトは、Windowsユーザーがログインしている時にのみ自動バックアップを行います。しかし、特にサーバーやサーバーとして使われているPCでは、ログインしているユーザーがいないことがほとんどです。誰もログインしておらず、コンピュータはWindowsのサービスを忠実に実行している。しかし、このような稼働時間でも、保存に値するデータは生成されています。

この問題を解決するにはどうしたらいいでしょうか?この場合、Langmeier BackupはWindowsのサービスとして運用する必要があります。その結果、ユーザーがログオンしていないコンピュータの起動時にもデータのバックアップが行われ、Windowsの自動バックアップやデータの自動バックアップが実現します。

Langmeier Backupの動作モードをWindowsサービスとしての動作に変更するには

1.メインウィンドウで「オプション」をクリックします。

Optionen

2.ここで "Programming behaviour... "というボタンをクリックします。

Programm-Verhalten

3.ここで「Windowsサービスとして動作させる」オプションを有効にします。

Betrieb als Windows-Dienst - Langmeier Backup als Windows-Dienst: Ihre Datensicherung und automatisches Windows-Backup wird auch ohne angemeldeten Benutzer zuverlässig ausgeführt.

Windowsサービスとして動作する際のバックアップ通知

Windowsサービスは、ユーザーがログオフしている間は、ユーザーとのやり取りを行いません。そのため、オプションでバックアッププロトコルをオンにすることをお勧めします。バックアップログを電子メールで送信してもらい、アクティブな通知を受け取る。バックアップが円滑に行われるように定期的にログを確認するか、責任者に確認してもらってください。

注:Langmeier Backup, version 8.0.422以前のバージョンでは、Windowsサービスとして動作している場合、バックアップの実行に関する画面上の通知はありませんでした。すべての新しいバージョンでは、Langmeier Backupは、ログインしているユーザーの画面に、バックアップの通知やバックアップの状態を表示することもできます。

Windowsサービスとして動作する際のファイルのパーミッション

デフォルトでは、すべてのWindowsサービスは、SYSTEMユーザーの下で実行されます。しかし、バックアッププログラムは、Windowsの自動バックアップや、すべてのユーザーデータを含むシステムの自動データバックアップを正常に実行するために、SYSTEMユーザーの下で十分な権限を持っていないことがよくあります。このため、バックアップの作成を成功させるためには、SYSTEMユーザーに拡張権限を与えなければなりません。

対処法:Langmeier Backupでバックアップジョブを開き、バックアップジョブの一番上のバックアップパスをダブルクリックで開きます。その後、「ログイン」タブで管理者ユーザーの正しいログイン情報を入力します。ここで入力したユーザー情報は、現在のバックアップジョブにのみ適用されます。

Anmelde-Informationen des Administrator-Benutzers - Langmeier Backup als Windows-Dienst: Ihre Datensicherung und automatisches Windows-Backup wird auch ohne angemeldeten Benutzer zuverlässig ausgeführt.

すべてのバックアップジョブのログオン情報を保存するには、次のように操作します。

Windowsサービスのプロパティで管理者のログオン情報を入力する。Windowsのコントロールパネルを開き、「管理ツール」、「サービス」の順に選択します。Windowsサービスの一覧で、「Langmeier Backup Service」サービスの上でマウスの右ボタンをクリックし、「プロパティ」を選択します。ログイン "タブの下には、ログイン情報を入力するオプションがあります。ここで入力したログイン情報は、ラングマイヤー・バックアップが実施するすべてのバックアップに適用されます。サービスを再起動するとすぐに有効になります。

注意:接続されたネットワークドライブ(ドライブレターがX:\のものなど)は、Windowsのサービスでは利用できません。この方法で接続されたネットワークドライブは、ログオンスクリプトまたはバックアップ前のスクリプトによって接続が保証されている場合にのみ、Windowsのサービスで利用できます。

そのため、バックアップジョブでは、「X:\」のようなネットワークドライブではなく、「\」のようなUNCネットワークパスを使用してください。

また、ネットワークにバックアップする場合、Langmeier BackupのWindowsサービスにユーザーを入力する必要があります。システムユーザーのようなログオンデータのないユーザー(Langmeier Backupはデフォルトで実行されます)は、セキュリティ上の理由でネットワーク共有にアクセスできないからです。自動モードでのネットワークバックアップに失敗した場合」をご参照ください。

ドメインのユーザーアカウント

ドメインユーザーアカウントをWindowsのサービスで使用するには、まず物理的にコンピュータにログオンする必要があります。これは、ユーザーが正しくログインしないと、Windowsがラングメアバックアップのデータバックアップサービスに必要な設定やフォルダを作成せず、データバックアップを正常に作成できないためです。

Langmeier BackupのWindowsサービスとしての運用は、すべての製品で可能です。

ラングマイヤー・バックアップ9プロフェッショナル
Langmeier Backup 9 Business

Langmeier Backup 9 Server
Langmeier Backup 9 V-flex Starter
Langmeier Backup 9 V-flex Pro
Langmeier Backup 9 V-flex Unlimited

自動でデータをバックアップ

すべてのファイルを保護します。

  今すぐ購入   無料でテスト ラングマイヤー・バックアップ・フォー・ウィンドウズ

著者について , ラングマイヤー・ソフトウェア社の創業者兼CEO
Urs Langmeier Urs Langmeierは、Langmeier Software GmbHの創設者兼CEOであり、Langmeier Softwareソリューションの戦略的開発を担当しています。
 

さらに上を見る。 LangmeierバックアップFAQ, Windowsサービス, ネットワークバックアップ, ネットワークバックアップ, 自動バックアップ, 自動バックアップ

トピックに関連する記事
fat32かntfsか?バックアップにはどのフォーマットが適していますか?
専門家のアドバイスバックアップとは何ですか?優れたデータバックアップ
ハードディスクを正しくバックアップし、何も忘れない方法


コメントはこちらから...

この記事では、トピックを取り上げています。
Langmeier Backup as a service
あなたは興味がありますか?
バックアップとは
ラングマイヤー・ソフトウェア
画像バックアップ
バックアップソフト